【YouTube】実況解説動画で考えるコメントとの付き合い方(アンチや指摘を見て楽しむテクニック)

日常雑記
PR

みなさんこんにちは、雪原てとらです。

普段は、動画解説実況シリーズ「映像学区」を連載しています。

PR

コメントとの付き合いについて話したい

映像学区シリーズが始まって1年

映像学区シリーズが始まって、気が付けば1年ほどが経とうとしています。

おかげさまで1万5000人を超えるみなさんにチャンネルを追いかけていただいています。これは1年前には想定すらしていなかった規模です。

YouTubeのチャンネルを持つ人はここ5年で増えたように思います。しかし、さすがに1万人というフィールドでプロジェクトを動かすことはなかなかないものです。

私はたまたまいいクリエイターたちとの出会いがあって、そしてうまくYouTubeでやっていく考え方を手に入れたからここにいる。これはたまたま運がよかっただけです。すべて私の実力とはみじんも思えない。

だからこそ、映像学区シリーズの投稿によって得た知見をみなさんに共有したいと思っています。

今日はその中でも「YouTubeコメントとの理想的な付き合い方」について。

コメントがあってこそのYouTube

YouTubeのコメントはチャンネルの玄関です。ゆっくり実況だろうが、ビジネスチャンネルだろうがそれは変わりません。

YouTubeの魅力はコメントを通じて、視聴者の意見を拾い集められることです。コメント欄とともにコンテンツを楽しむことが1つの前提になっています。

YouTubeと対照的なのが今見ているようなブログです。設定にもよりますが、コメントを切ることが非常に容易です。またブログにコメント欄がなくても、さほど違和感はありません。

この面白い違いに気づいてから、私はブログとYouTubeで内容を変えるようにしています。

YouTubeでは、あれでも当たり障りのないことを発言しています。ファンではない人が流入してきてもOKなチャンネル作りが求められるからです。一方ブログでは、自分の本当に思っていることを書くようにしています。YouTubeを見て「価値観を同じくするファン」だけがブログの情報に触れる設計にしています。

こうすることでファンに最適なやり取りができるのです。

100人規模 「お友達になれるコメント」

ここからは、チャンネル規模別に心掛けるとよさそうなことをまとめておきたいと思います。

登録0人~900人規模は楽しくない?

Youtubeをビジネス戦略として使うブロガーによれば、「とにかくキツい」「収益化が通らないツライ時間」と書かれることが多いようです。とにかくネガティブです。

しかしチャンネルを今振り返れば、数百人の時代はネガティブなことばかりではない気がします。

たしかにビジネス・結果だけを見れば成果を得にくい頃です。それはそう。

けれども数百人の登録者さんは選ばれしメンバーです。あなたの作品をとても早いうちに見つけ出し、理解するファンであることがほとんど。わざわざ規模の小さなチャンネルを拾えるくらい粋なメンバーです。

すげぇメンバーじゃないですか。

チャンネルが若いころからのファンは、「わかってらっしゃる」人なことが多いです。コメントで積極的に絡んでいっていいんじゃないかなと。

互いに価値観を同じくしているのであれば、良いものは「良い」といえるし悪くなれば「悪い」と言える。

最高ですね。

彼らはみなさんとコミュニケーションをとって、一緒に作品作りをする仲になれるかもしれません。

同時期にデビューしたクリエイターたちが「チャンネル成長後もずっとなかよし」という現象は決して珍しいものではありません。ゲーム実況の世界でよく見かけるように思います。

これはチャンネルにおける青春のようなものです。

私はイマドキの中高生さんに、ぜひこのYouTubeの青春を味わってほしいなと思います。自分の作ったプロジェクトで誰かを楽しませるということをぜひ純粋に考えてほしい。真の意味で「考える」ことにつながるし、

コンテンツが伸びるか伸びないかは別として、「うまくいくよう、常に考える青春を送ること」は楽しいです。勉強が苦手でも、ちゃんと考えてチャンネルを動かすことはできます。

1000人規模 「できるだけコメントを返す」

1000人~9000人規模というのは一番楽しい時期の1つであるように感じます。

見る価値があるコンテンツを発信しているから、それだけの登録があるわけで。YouTubeというフィールドで自分のコミュニティを作る楽しさがわかります。

常連さんになるコメント?

この規模のコメント欄はとても面白いです。

価値観を同じくする人が多いうえに、チャンネルに期待するコメントが増えるからです。この時期にコメントしているファンのみなさんは、チャンネルの趣旨を早いうちから理解した素晴らしい常連さんになります。

どんな人でも、コメントするのはそれなりに勇気がいる行為です。コメント欄にはそれだけの勇気が満ち溢れているわけで、可能ならすべてに返信してあげたいです。

10000人規模 「ネガティブコメントを考える」

価値観の合わないファン参戦!

玄関には歓迎する視聴者も来れば、押し売りのようなうっとうしい客も来るものです。

チャンネルの規模が大きくなればなるほど、この傾向は顕著になります。より多くの人にチャンネルの動画がシェアされていくわけですから、それは当然です。

見る人が多くなればなるほど、視聴者のなかには一定数「合わない」メンツが混ざります。映像学区シリーズは幸いにも大ッ変にご好評いただいているので、比較的穏やかに済んでいるほうですが。

話を戻して。

ここで「全てのコメントを見る」という判断は適切ではなくなってきます。

コメント対応にメリットがないケース

たしかに間違った情報はなるべく訂正する必要があります。

しかし以下の例はどうでしょうか。

  • 動画の趣旨から逸脱している
  • ド正論だが口調が穏やかではない

たとえば以前映像学区にはこのようなコメが来ました。

「左下の絵のせいで何も信用できない🤨」

チャンネルのジャンルはゆっくり実況です。シリーズを始めるときに「ゆっくり実況やります」といってはじめて、これによってより広いジャンルのみなさんにコンテンツを届けている。

したがってこのコメントは、「趣旨と反するじゃん?」となるわけです。

趣旨と反する部分に何か不満があったところで、多くの視聴者には気にならないことです。

もちろん指摘コメント自体は助かるものです。特にテクニカルな部分に関するド正論はありがたい。コメントによって動画づくりの理解が深まる経験は今まで何度もありました。

しかし「そこまで言いますかいな」となるほどキツイ口調でコメントがくることが多いです。この時にうp主として「すみません」と返すべきでしょうか。

必ずしもそれは正解ではないと思います。

ドギツいコメントに丁寧に応酬しても、相手が幸せな粋な返信をしてくる確率はそう高くないです。相手はやさしく指摘するほどの語彙力・想像力を持ち合わせていないからです。ネガティブなリプが続くと、見栄えに差し障るし、なによりうp主の精神にグサッときます。

そんな時は、躊躇なくコメントを消してもいいのではないでしょうか。

ユーザーごとチャンネルから排除してもそう気にすることではない。

コメントが1つ2つ消えるのはさほど気にならないことでしょう。削除すると目立つほどドキツいコメントが多いのなら、それはコンテンツに問題がありそうですが(笑)

あなたの動画が8~9割の好評を得ているのであれば、そこそこの数のファンに良いコンテンツを提供できているといえるはずです。「ダメ」だなと思ったところは後からゆっくりと直していけばいい。チャンネルで発信する内容は自由なのですから。

ドギツいコメントからも学ぶ

ドキツいコメントが目に入ることはあります。返信が面倒なら放置するか消すかしますが、この時に学ぶことを怠らないようにしたいです。

ド正論を受け取った以上は、それを無視するのは愚かです。返信してもメリットがないから返信しないだけであって、内容は理解しておくと後で幸せになれます。

次にミスしないようにすればいい。

腹立つコメントには、返信しないと気が収まらないよ!

というクリエイターはいることでしょう。

もしコメントに返信しないと気が済まないのなら解決策はあります。

ここでカギになるのが、コメ返し動画の存在です。

ドギツいコメントにその場で対応すると大ゲンカに発展しかねないのですが、コメ返しの動画でお返しすればこのトラブルはまずないと思います。

ドギツいコメントを送ってくるみなさんは、チャンネルに興味がないのにうっかりおすすめで視聴してしまった残念タイプであることが多いようです。だったらわざわざチャンネルのコメ返し動画を期待することもない。

つまり、コメント主がコメ返し動画を見ることはほとんどありません。

それならば価値観をともにするファンとともにコメントを笑い話にできます。あるいは「これは確かにその通りだわ、ごめんね」と冷静に共有できます。最高じゃないですか。

うまくやれば、腹立つコメントを楽しいコンテンツに昇華できるのです。