【雑談】「YouTuber」に対する日本人の印象

日常雑記
PR

みなさんこんにちは、雪原てとらです。

普段は、まともな映像を作るシリーズ「映像学区」を連載しています。

PR

YouTuberという言葉はネガティブか?

これまで私は、世界のいろんな人がやっているチュートリアルだったり、英語の動画広告だったりを見てきました。

そこで目にした光景が大変面白かったので、共有します。

海外でいう「YouTuber」の印象

Cinematicのお強いみなさまなど一流のクリエイターが、堂々と「YouTuberを目指すなら」と語っているのです。

そしてこの視点はどうも日本と海外で一致しないんじゃないかと思っています。

日本にもCinematic Vlogを普及している動画クリエイターは多くいますが、彼らは「既存のYouTuberに飽きたからVlogやってます」的なスタンスをとっていることもあります。

海外のプロが「YouTuber」を自称しているにもかかわらず、同じことををしている日本の彼らが「俺たちは違うんだ」みたいな主張を広げているような。

これは大きな違いです。

なぜ日本の「YouTuber」に微妙な嫌悪感がまとわりつくのか。

企画モノ自体は悪くない気がする。

※企画モノなんて表現するとなんだかえっちな印象を植え付けますが、そういう意味ではない。

「○○してみた」みたいなタイトルは、誰でも見たことがあるはずです。

これが私の総称する”企画モノ“です。

日本を代表するYouTuber、HIKAKINさんも「企画」な印象が強いはずです。

彼の初期はビート作品メインでしたけれども。

企画モノは決して悪ではない。

わたしたちの好奇心を煽ってくれますからね。

それは我々にエンターテインメントを与えてくれる。誰が見ても分かりやすく楽しめる動画は、話題としてもあげやすい。

企画モノが無ければ、YouTubeは楽しくないはずだ。

日本では「YouTuber=企画モノ」の印象が急速に広まったはずです。

しかしこれは日本の「Youtuber」印象に、良くも悪くも大きなインパクトを与えてしまった気がします。

企画モノへの参入障壁は(評価されるまで時間のかかる作品よりは)はるかに低かったこともあり、「いろんな人」が参入してきました。

「いろんな人」の中には「おかしい人」も一定数含まれてしまう。企画モノの印象は「おかしい人」が悪目立ちすれば下がってしまうものです。

そいで。

日本人には「YouTuber=企画モノ」という観念が備わってきたならば、「YouTuber=おかしい人」という悪印象がついてもおかしくないです。

デザインの配慮がなかったのではないか。

YouTuberへの参入が増えると、編集をセルフプロデュースする人口も増えます。

ここで「わかりやすい」動画を目指すときにどうするか。

海外の圧倒的なYouTuberはテキストエフェクトなしだったり、逆に画面デザインにこだわりを見せる場合だったりで、はっきりしている気がします。

しかし日本では、とりあえず何らかの編集はしようという人が多いです。「日本のテレビ的な編集 = エフェクトで盛り上げやすくできる」というイメージがおそらくあったようです。

CM的な美より番組的なインパクト。

テレビ的な編集は、デザイン原則だったり動画のド基礎だったりをある程度マスターしておかないと中途半端になりがちです。

ところが、この「デザインを学ぶ」なんてことを教える動画チュートリアルなんてほぼ存在しなかったこともあるのでしょう。

「中途半端にテレビ的な編集」がすごく増えたように思います。

ブレブレ素材 VS 編集 の微妙さは「なにか違うな」という印象を与えかねない。

もちろんテキストの装飾によって、より読みやすくより小学生であってもわかる動画になるのは大いに分かるんですけれど。それだけでは逆に中途半端になることがある。

Vtuberは日本的YouTuberを超えるか

しかし、YouTuberから一歩置いたところにいるVtuberはまた違う状況にある気がします。

自分の実写とテキストを合わせるのはiPhoneでもできますけれど、2次元と適切なエフェクトを組み合わせるのはそう簡単にできない。

中途半端につくることができない動画ジャンルもあるということです。

こうなるとプロへの依頼など割り切った考え方で「いいモノ」を手に入れられる。

配信画面の背景はデザイナーが手掛け、お歌は作曲者・Mixerが手掛け、キャラクターは絵師が手掛け、声は中の人が本領を発揮する。それぞれのプロが分業することで、平均的なクオリティの高さが生まれているように感じます。