【GPMDP】YouTube Musicをもっと快適にしたよ

日常雑記
PR

ごきげんよう、雪原てとらです。

普段は映像学区というチュートリアルをしています。

PR

YouTube Musicは最高。しかしいくつか面倒が…

YTMusicは素晴らしいアプリの1つだと思います。

👍持っていない曲をもストリーミングできる

このサービスのすごいのは、YouTubeのContent IDシステムを使用して再生数に応じた額を楽曲クリエイターに支払う用意があることです。

我々も試聴の幅が広がります。これはいいことです。

以前紹介したこの本↓でも、「アプリのおすすめに頼って、知らない曲に出会おう」的なことが書いてあります。広告もそんなにしつこいものではないので無料版で十分です。

👍Google Play Musicと同様に楽曲をアップロード

すでに持っているmp3だったりCD音源をYouTubeのライブラリにアップロードすれば、購入音源以外の音楽をシームレスにたのしむことができます。

個人的にiPhoneの音楽再生アプリは、特定のPCのiTunesで動機が必要なapple公式再生アプリよりGoogle Play Musicアプリを使いたい派です。

YouTube Musicでも同じ役割を期待できそう。

👎YouTubeアカウントの切り替えが面倒。

YouTube MusicはWEB上のアプリ(PC)です。

Google Chromeに記憶してあるGoogleアカウントでログインします。

けれどYouTube用の垢とGoogleの個人垢を分けていると、ここで面倒なことになります。

👎BGM音量をもっと自由に調節したい。

Zoomで会議しながら傍らでBGMを流すと幸せになれます。

このときBGMは小さな音量であるべきです。

しかしChromeでYouTubeMusicを立ち上げると、クロームの音量設定がそのまま反映されるため、あまり柔軟にボリュームをいじることができません。

もし別のソフトとして立ち上げられるなら、Windowsの「音量ミキサー」で柔軟にコントロールできるようになります。

解決策としてGPMDPはどうか。

Google Play Music Desktop Player

Google Play MusicとはWEB上(ブラウザ上)で動作する音楽アプリです。

しかしそれだとChromeが重くなるなど面倒がありました。

そこで開発された有志のデスクトップ版アプリ『GPMDP』です。

WindowsやMacのデスクトップ上で、GooglePlayMusicやYouTubeMusicをスタンドアローンソフトのように立ち上げることができます。

GPMDPのインストール元

たぶん問題は起きないはずですが、セキュリティなどインストールは自己責任で。

Chromeで開いたところ、セキュリティに問題があるページとしてすぐに表示してくれませんでした。たぶん問題は起きないだろうと思い、「詳細情報」なりなんなりから自己責任でアクセスしました。

今のところ特に問題は発生していません。

なんなんでしょうねw

真ん中のDOWNLOAD LATESTをクリック。

最新版のGPMDPをゲットできます。

あとはインストールするだけ。

タスクバーのアイコンからYT Musicに切り替える。

最初はGooglePlayMusicとして起動します。

起動するとタスクバーのアイコンが出てきます。

アイコンを右クリックして、YT Musicに切り替えてください。

たぶんすぐにGoogleのログイン画面が出てくると思います。

おわりに

オンライン生活も工夫すれば悪くないかも😎

オンラインの生活が半年ほど続いています。

そろそろPCのデスクトップをいかに快適にするか、考えたい時期ですね。

それではまた。