部活・文化祭ホームページにTumblrが使えるのではないか

未分類
PR
PR

ホームページを立ち上げたい!……けど。

部公式WEBサイトのメリットとデメリット

部活動をPRしたい、演奏会の詳細をお知らせしたい。などなど。

部の運営に携わっている学生さんなら設置したくなるのが、部活動の公式ホームページです。

スマートフォンが普及したこの時代、10年前よりもはるかにネットに触れている時間が長い私たちにとって、部公式WEBサイトは重要な広報手段のひとつではないでしょうか。

部活ホームページを立ち上げるハードル

 しかし、ホームページを立ち上げるにはいくつかの難関があります。

  • ❶サーバーの借り上げ(あるいは学校サーバーを借りる手続き)
  • ❷ドメイン(例:digi-gak.com)の借り上げ
  • ❸そもそも学校や顧問の許可
  • ❹年額で数千円をこえるドメインやサーバー料金の支払い

お金を誰が払うのか、そもそも維持管理できる人はいるのか。

ただでさえ日々が財政難の学生にはハードルの高いものです。

でも公式Twitterだけでは、物足りないよね……

TwitterやinstagramといったSNSが普及しています。それに頼るのも一つの手でしょう。とっても簡単な登録だけで発信はできます。

しかし、イベント告知においてはやはり特設サイトが欲しくなることがあるはずです。今回の記事はそんなあなたに向けての解決法。

WEBサイトの代わりになるほど自由度の高いSNS「Tumblr」

Tumblrってなぁに?

Tumblr」になじみのある学生はまず日本であまり見かけませんね。それぐらいマイナーなこのSNSは、実は世にも奇妙なほど自由度の高い「ブログ型」SNSサービスです。

Twitterやinstagramと同様、アカウントを作れば自分の投稿ページ、すなわち「ドメインみたいな居場所」を無料で確保できます。

Tumblrに登録しよう。

https://www.tumblr.com/

自由度が高い!?

公式サイトでも、ブログでも、Yahoo!や Googleや SNSでも、

WEBページというものの根幹は「HTML」「CSS」という言語を根幹として表示されています。

一般的に無料でできるブログサービスやSNSでは、サービス提供会社からこれら「HTML&CSS」のフォーマットがあらかじめ決められていて、少しでも凝った表現をしようとすると制約が出てきます。

ところが。

Tumblr」では「HTML&CSS」の編集用エディターが用意されています。無料で投稿ページを確保できるので、サーバーやドメインの管理費がいらない上に凝ったWEBサイトづくりができるのです。

Tumblrで、公式サイトを建てるメリット

  • ❶サーバー維持管理にかかるお金 → 0円
  • ❷ドメイン取得管理にかかるお金 →0円
  • ❸ほかの無料ブログやSNSよりはるかに自由な環境

HTMLやCSSなんてできないよ……、でもTumblrで凝った部公式WEBサイトを作りたい

スマートフォンに親しい中高生が増えた一方、パソコンでHTML&CSSのようなプログラミングをバリバリやっているという学生はまだ少ないです。

でも大丈夫!

「Tumblr」は自由度の高いSNS。かつユーザーにフレンドリーです。

たとえデジタル音痴なあなたでも、「Tumblr」+ 1台のパソコンさえあれば簡単に凝った編集ができる裏ワザがありますよ!

HTMLが書けない人はテンプレートを使おう!

Tumblrの自由さはあまりに素晴らしいため、

日本や世界に名だたるWEBデザイナーたちが「コピー&ペースト」だけで使えるTumblr用のコードを用意してくれています。

今回はそんなテンプレートの中から、特に部のホームページに向いたものを紹介したいと思います。日本語もしっかり使えるはずなので安心してください。

部活・イベントHPに使えるおすすめのTumblrテンプレート

1 Tokusetsu 3

#Tokusetsu埋め込み

Tokusetsu 3」はもともと「同人曲・同人誌販売告知サイト」を作るために作られたテンプレートです。Tumblrのアカウントを持っていれば、あとは利用方法に従ってコードを「コピー&ペースト」するだけで簡単に洗練されたWEBサイトが出来上がります。

このテンプレートでは以下のグッドポイントがあります

  • ❶日本で配布されているので、英語がわからなくてもOK
  • ❷洗練されたデザイン
  • ❸Youtubeを埋め込めるので、PVなど制作すれば対応できる
  • ❹色がカスタマイズ自由で、画像を大量に表示できる
  • ❺「スタッフ」「作品リスト」「通信販売」ほか多数設定可能


項目をほんのちょっと埋めるだけでこんな雰囲気が出せる。

「同人告知サイト」という用途で設計されているため、部のホームページっぽい記述とズレることがあります。そんなときの修正方法がないわけではありません

HTMLとWEBの表示はぴったり対応しているので、「コピー&ペースト」したHTMLコードのうち、表記を変更したい日本語部分を書き換えるだけです。

これでだいたいは解決するはずですよ。

それでもうまく解決しないときは、HTMLやCSSの教本を手に取ってみるのもいいかもしれませんね。多少のヒントにはなるし、将来にも役立ちます。

とにかくこのテーマは設定できる項目がものすごく豊富です。例えば「通信販売」のリンクを部の演奏会のビデオ販売に応用するのもアリ。

「同人サークル」に限らず様々な団体、それこそ部活のホームページにだってなれる可能性を秘めているのです。

まとめ

Tumblrという選択肢を取り入れよう。

部活や文化祭の公式ホームページを作るというアイデア、それは広報PRになるうえに、周りの学生たちにいい影響をあたえます。モチベーションアップにつながるかも。

しかし、発信メディアはなんだっていいのです。

重要なのは「かんたんに効率よく発信できる環境」です。

ぜひTumblrという自由度MAXなSNS・ブログサービスを候補にいれてみては?